意外に知らない人が多い!?車検に出す前の事前の準備

手間を惜しまずに自分に合った車検の方法を選ぶ

一口に車検と言っても依頼する業者によって受けられるサービスも違えば費用も異なります。一般的に知られているのはディラー車検や町の車検工場に依頼をするといったもので、そのほかに費用を少しでも安く抑えたいという人に最適なのがユーザー車検という方法です。ディーラー車検は技術力と信頼性が高い反面、費用が割高になってしまうケースも少なくありません。逆にユーザー車検は人件費が掛からないことで費用は抑えられますが、運輸局に車を持ち込んで自分で点検をしなくてはいけないため、平日の日中に時間を確保しなくてはいけないという手間が発生します。そのため、これらの点を考慮して自分に合った車検の方法を選択することが大切です。

重い荷物は前以て車から降ろしておく

車検をする時にトランクなど車に荷物を積んだ状態で出すという人も少なくありませんが、積荷の内容によっては車検に影響を及ぼすこともあるので注意が必要です。車検の検査項目の中には、適正な車高の高さや左右のブレーキの効き具合といったものがあります。実際にトランクにゴルフバッグや予備のタイヤなど重い物を大量に積んだままにしていたことで、これらの検査に引っ掛かり車検が通らなかったというケースも珍しくありません。チャイルドシートのような軽いものであれば問題はありませんが、車の傾きなどに影響を及ぼすような荷物は面倒くさがらずに事前に降ろしておくことが大切です。そのほかにも、どの車検業者に依頼をする場合でも車検場には多くの人が出入りするため、盗難防止の観点から貴重品なども事前に取っておくことを忘れてはいけません。

車検の料金は必要経費と法定費用意外は自分の車の状態で節約することがてきます。車検場での手続きも自分で行うことで代行費用も省けます。