とても美しい音色!トランペットのさまざまな魅力

トランペットの扱い方

パワフルな音が特徴的なトランペット。その重厚な音に魅了される人も少なくありません。吹奏楽の一楽器として使われることが多く、その音色は誰もが一度は聴いたことがあると思います。

そんなトランペットですが操作性も簡単そうで、すぐに吹けそうだと考える人もいるかもしれませんが、じつは結構扱いが難しい楽器のひとつでもあるのです。

今回はそんなトランペットをしっかり吹けるようになる練習方法や良いトランペットの選び方などを紹介していきます。

トランペットの基礎的な練習法

初心者のトランペットの練習方法として最初に行うべきなのが低いドから高いドまでの音階練習です。これはトランペットに限らずどんな楽器を扱う場合でも基本の練習方法になりますが、特にトランペットを扱う場合では重要になります。

トランペットは一音一音の音色に気をつかわなくてはいけません。なのでゆっくりでいいからドレミファソラシドの音階をしっかり出せるようにしておきましょう。

ここからステップアップして今度は教本の練習曲を演奏してみたり、高音域が鳴らせるような練習をしていきましょう。最初に行う練習曲は音階の幅が狭いものを選ぶと良いです。またそれと同時に高音域の練習をしておくことでさらに対応できる曲の幅が広がります。

トランペットの様々な選び方

トランペットの選び方は様々ですが、初心者の場合は楽器店の店員や店主に相談するのが最も良い選択です。専門の知識をもつ人と相談することで自分に合うトランペットが見つけやすくなります。

経験者の場合はトランペットの材質や手触り、使いごこちや吹きごこち、高音の出具合などが選ぶ基準になりやすいです。

トランペットとは金管楽器の一種です。最高音域を受け持ち迫力のある音を奏でる楽器で、ラッパやペットなどと呼ばれることもあります。