初心者必見!簡単なサックスのメンテナンス方法

水気を取り除くのがコツです

サックスは息を吐いて音を鳴らす楽器のため、どうしても内部に唾液がたまりやすくなります。それを放置してしまうと音色に影響が出ますし、下手をするとサックスを傷めるので、使用したら必ず清掃する癖をつけておきたいものです。

やり方ですが、タオルで拭いても構いませんが、どんなに手の小さな人でも清掃できる範囲には限界があります。そこで専用の道具を使って中の水分を取り除いておく方が確実です。タンポとトーンホールの隙間には、ティッシュかクッキングペーパーなどを入れておけば良いでしょう。ついでに柔らかい布で表面を磨いてから、専用のキィオイルを塗っておけば美しい状態を長くキープすることが可能です。

それ以外のメンテナンスと注意点

買ったばかりのサックスは、コルクがきつくなっている場合が多いです。そんな時はグリスを塗ってやれば良く、コツとしては最後に手でなじませてやることです。上手に塗り伸ばしてやれば、少量でも十分に効果を発揮してくれます。

以上の作業が完了したら、マウスピースを差し込むのですが、慣れない人はネック付近のキィを握ってしまいがちです。ところがこの部分は簡単に変形してしまうため、できるだけコルクの近くを支えるようにしてマウスピースを入れると良いです。ネックとマウスピースを取り付けられたら、次は本体です。ここで頭に入れておくことは、必ず互いが真っ直ぐになるように差し込むという点です。うまくできたらネジで固定しますが、力を入れ過ぎにないようにしましょう。

サックスとは木管楽器の一種です。正式名称はサクソフォーンと言い、金管楽器と木管楽器の中間の音色を持つ楽器です。