車検を安くする方法!知らないと損をすることがある!

複数の業者から見積もりを取ることが重要

車検を安くする方法として一般的なのが、複数の業者から見積もりを取る方法です。見積もりを見比べれば、どの業者が安いかが分かります。単純に値段の比較であれば、総額だけ見れば十分です。しかし、車検費用として必ず掛かる費用を除くと、業者ごとの本当の料金が分かります。自動車重量税、検査手数料、自賠責保険料が車検を受けるときに必ずかかる費用です。この費用を見積もりの総額から差し引くと、業者がどの項目で儲けを出そうとしているかが分かります。検査費用、交換費用、代車費用などを全ての見積もりで見比べると、本当の意味で安い業者が分かります。代車費用を入れていない業者が総額では安くなっているが、代車費用を入れると一番高くなるということもあるのです。車検費用を安くするためには、項目別に費用を計算することが重要です。

ユーザー車検が一番安い

車検は業者に頼むだけではなく、自分で受けることもできます。車検前に内装や外装のチェックをしたり、点検を受ける必要はありますが、自分で車検場に持ち込んで車検を受けることができるのです。車検代だけを考えれば、ユーザー車検が一番安くなるでしょう。しかし、ユーザー車検を受けるのであれば、自分で車検前の準備をして車を車検場に持ち込む必要があります。この手間をかけられるのであれば、ユーザー車検は車検代を安くできる一番いい方法です。ただし、車検に落ちるようであれば、かえって高くなることもありますので、その点には注意をしておくといいでしょう。

今や家庭に一台の車は当たり前になりました。車は2年か3年に一度車検に出して保安基準に適合しているかを点検してもらいます。近隣や市内の方は広島の車検をお勧めします