飛行機では行けない離島・西表島の魅力について

直行便がある離島とない離島

沖縄県には広大な本島のほかに100以上の離島があります。そして、石垣島・宮古島といった広くて人気が高い離島については飛行機を乗り継ぐ必要なく、全国の主要空港から直行便にてアクセスできます。ただし、面積の大きい離島の中にも直行便でアクセスできない離島もあり、その代表格が空港のないジャングルに覆われた離島・西表島です。

西表島へのアクセス方法

西表島には本州から直接向かうことはできませんが、すぐそばにある石垣島へは直行便でアクセスできます。そして、石垣島南部の市街地エリアにある離島ターミナルから船で向かう形になりますが、西表島南東部の大原港には約35分で到着します。また、北西部の上原港についても40分で着くため、そんなにアクセス環境の悪い島ではありません。

西表島の魅力とはどんなところか

沖縄の人気離島は、人気ゆえに平地エリアの都市化が進んでおり、そんな本州の大きな都市の市街地と変わりがなくなってきています。一方、西表島はほぼ全体がジャングルで平地が少ないため、都市化が進むことなく騒々しさがありません。また、船でアクセスするしかないため、石垣島よりも明確に観光客が少なく、夏の石垣島のように人気観光地や海水浴場が混雑するようなことも特にありません。

西表島に行った際のおすすめの楽しみ方

西表島は島全体が静かな傾向ですが、内陸部に進めば何の生活音・人の声も聞こえてこない環境の中で、滝の音を聴きながら森林浴を楽しむようなことが出来ます。また、西表島は石垣島以上に自然環境が良好で空気も澄んでいますので、海に近い宿に泊まった際は敷地内、もしくは付近の海辺から天体観測を楽しんでみるのもおすすめです。

西表島のツアーでは、内容の異なる多数のオプションが用意されており、自分の好みなどに応じて自由に選べます。